重要なお知らせエリアを非表示

宮崎祐輔 谷鳳窯 -tanihou gama-

谷鳳窯について

四百年以上前から続く肥前磁器の窯場の一つ、吉田皿屋の地に窯を築き、かって中国を旅したときに感じた、西域への想いを表現しようと染付、色絵、をはじめ多岐にわたる技法で土に寄り添い、やきものの限りない魅力を追い求め、早五十年。
ロクロから、絵付け、焼成にわたり、一貫して手作り、手描きによる手法で、1つ1つ心を込めて作陶しております。

宮崎祐輔 陶歴
  1954年    佐賀県嬉野市に生まれる  
1974年    20歳で日本伝統工芸展に初入選以後25回入選 
1975年    日本陶芸展に初入選以後6回入選   
1976年    現代日本陶芸展 招待出品  (ニュジーランド・オーストラリア)
1977年    谷鳳窯を開窯
1978年    24歳で日本工芸会正会員推薦される
1981年    西日本陶芸展 知事賞  
1982年    中国外遊(敦煌、大同、洛陽、西安、)
1983年    中国外遊(桂林)
1988年    吉田2号窯発掘調査(佐賀県立九州陶磁館)
1990年    パキスタン外遊(フンザ、チラス、ペシャワール)
1994年    モロッコ外遊
2000年    STSサガテレビ(陶美を求めて)シルクロードに魅せられて 放映
2000年    大英博物館   出品、寄贈    
2002年    トルコ外遊
2009年    『工芸いま 伝統と創造 九州・沖縄の作家たち (九州国立博物館)
2014年    嬉野吉田(皿屋地区)で初期色絵の陶片を収集
                    個 展 / 東京・大阪・福岡その他全国各地にて開催
現 在 / 日本工芸正会員
日本工芸西部支部幹事
    佐賀陶芸協会理事

Access アクセス

お車でお越しの場合(高速道路ご利用)
★  『長崎道』・・・・ 嬉野ICから 約10分
 
鉄 道 で お 越 し の 場 合 
★   JR『長崎本線』・・・・ 肥前鹿島駅から 車で約15分 
★   JR『佐世保線』・・・・ 武雄温泉駅から 車で約20分